今でもごくたまにある個人メイドのお仕事

一昔前は、いわゆる個人メイドの仕事がそれなりに盛んだったのです。
今流行りのメイド喫茶などの仕事ではなく、普通に個人のお宅でメイドとして働くのです。
主に家事全般を請け負ったり、子供の面倒を見たりするのが仕事なのです。
もちろん、報酬もそれなりに高いことから、学生から中年代の人までいろんな人が働いていたのです。
当然メイドを雇うようなお宅ですから、それなりに富豪層であるケースがほとんどですし、中には凄い豪邸に住んでいる人もいます。
そのような人は、仕事もかなり忙しいでしょから、メイドを雇ってお世話をしてもらう必要があるのです。
さて、そんな個人メイドのお仕事ですが、今でもごくたまにあります。
今の時代は、家事手伝いと呼ばれるケースが多いですし、メイドというよりは専門の家政婦と雇うことも多いですが、それでも個人メイドを雇う人も一定数います。
ただ、求人情報などに掲載されるケースはほとんどなく、自宅の玄関などに「メイドさん募集しています」と張り紙を出すケースがほとんどです。
あるいは、今はネットの時代ということもあり、掲示板やSNSなどを通じて募集することもあります。
いずれにしても、今でもメイドを雇いたいと思う人はいるわけですし、まだまだ需要があるお仕事でもあるのです。
勤務時間に関しては、依頼主によって違うことは言うまでもありません。
朝から夜までの勤務を希望する場合もあれば、午前や午後だけでOKだというケースもあります。
学生のアルバイトとして行われたり、副業として行う人もいましたし、本業とまではいかなくても、個人メイドの収入で生計を立てていた人もいました。
メイドさんによっては、それこそ会社員の人と変わらないぐらいの収入を得ていた人もいます。
お金持ちのお宅で働くことができれば、それだけ得られる収入も多くなるわけですから、かなりの高収入にも繋がるのです。

Copyright(c) 2010 xxx All Rights Reserved.